96%が改善を実感!スチュワーデス、パイロット、航空管制官、オートレーサー、競艇選手、消防官、防衛大学校など視力試験合格の実績あり。群馬県前橋市、視力改善は早期の対策が肝心です!前橋視力回復センター

Q&A

よくあるご質問

画像の説明

私の視力は0.1です。回復トレーニングでどのくらい改善するのですか?


画像の説明

視力回復の見込みは、屈折力という人それぞれのピントを合わすのに必要な力によっ
て異なります。個人差はありますが、この屈折力の値が小さいほど、視力回復率は高
  Aくなります。0.1以下の人でも、メガネをはずせるまでに回復したケースが何例もあり
   ますので、あなたのやる気と努力で、予想を上回る成果が期待できます。

0.1以下 →0.3~0.7  メガネが不要になるレベルまで回復します。
0.2~0.4 →0.6~1.0  視力低下が早い時期です。早期のトレーニングを。
0.5~0.8 →1.0以上   トレーニングで早期に回復!


画像の説明

就職や結婚に視力は関係ありますか?


画像の説明

近視は遺伝だから治らないという間違った常識がまかり通っていますが、近視の遺伝
はたったの5%であり、近視をまねく生活環境が主な原因です。自分の子供やお孫さ
   んにメガネを掛けさせたくない気持ちはどの親も同じです。

  • 視力条件のある主な職業

航空管制官(裸眼視力0.7以上 矯正視力1.0以上)
警察官(裸眼視力0.6以上 矯正視力1.0以上)
防衛大学校(裸眼視力0.8以上 )
競艇選手(裸眼視力1.0以上 )
キャビンアテンダント(矯正視力1.0以上 )
パイロットは、矯正視力は両眼とも1.0以上 (屈折度数は-5.50~+2.00ジオプトリー以内)

当センターでは上記職業の方への回復実績が多数あります。


画像の説明

なぜ視力が回復するのですか?


画像の説明

視力低下の原因として、パソコン・テレビ・ゲーム・読書・ストレス・栄養バランス
があげられ、眼を酷使した結果が視力低下です。当センターのシステムは、毛様体筋
   はもちろんのこと、眼球をとりまく頭部全体の各組織の機能回復と血行改善をさせる
   整体療術(総合健康促進協会協賛)などによる、最も安心で確実なシステムです。
   (体験者の96%が回復)また副作用や後遺症の心配も一切ありませんのでお子さん
   にも安心です。


画像の説明

受験勉強中で忙しく時間がありません!


画像の説明

一週間に2回、一日30~40分の時間をつくれないでしょうか?誰かのためにやる
のではなく、すべて自分自身のためなのです。この程度に時間は必ずつくることが出
   来ます。またこの時期が最も視力低下が著しい時で、眼精疲労で能率ダウンになって
   しまします。勉強の合間の気分転換に!能率アップ!学力アップ!にトレーニングを
   お勧めします。


画像の説明

他の視力回復センターとどう違うのですか?


画像の説明

これまでの視力回復法は、眼筋を鍛えるという単純な局所的方法しかなく、根本的な
回復までには至りませんでした。そこで当センターでは、アメリカの視力回復眼科の
   脳を活性化して視力を回復させるトレーニング技法を研究し、東洋の整体療術との融
   合開発に成功しました。この画期的な視力回復法の良さは、日本全国30万人にのぼ
   る回復者の信頼と実績が証明しています。10種類以上のメニューから個別にあっ
   た方法で指導いたします。他の視力回復であきらめていた方々で当センターのトレー
   ニングで回復した方も多数いらっしゃいます。


powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional